SEIKYO TODAY
3ヶ月以上前の記事は … 月別バックナンバー
2018/02/15
清教中学生の活躍
 表彰が行われました。大会やコンクールで優秀な成績を上げた合唱部、女子バレーボール部、硬式テニス部、吹奏楽部の生徒が表彰されました。また、中学2年生の総合学習で取り組んだ、第59回大阪府統計グラフコンクールで優秀な成績をあげた生徒が表彰されました。
2018/02/15
マタイによる福音書 19:23〜30
 今日は中学の合同礼拝です。音楽科教諭指導の下讃美歌285番「主よ み手もて」と、アメージング グレースの英語版を練習しました。アメージング グレースの英語版は3月5日〜17日のグローバルウイークに賛美されます。
2018/02/13
ルカによる福音書 12:13〜21
 今日は中学の合同礼拝です。馬場先生から「命のろうそく」という説教題で「これだけ科学が進んだ現在でも、私たちは今日や明日の為に準備をする力は持っていても、自分の命や運命を知ったりコントロールする力は与えられていません。命を神様から与えられた蝋燭に例えるならば、ある時は激しく、ある時は消え入りそうにもなりながらも、賜物を活かし社会や人の為に奉仕をし、一生懸命生きることが大切です」とお話がありました。
2018/02/08
マタイによる福音書 18:28〜35
 今日は中学の合同礼拝です。音楽科教諭指導の下讃美歌575番「球根の中には」を練習しました。この曲は1997年に新しく出版された讃美歌21に掲載されている歌で「わかりやすい歌詞がすっと心に入ってくるはずです。清教で初めて取り上げる曲なので、心をこめて賛美しましょう。」と説明がありました。
2018/02/06
ルカによる福音書 23:39〜43
 今日は中学の合同礼拝です。富田林教会の兼子牧師から「求められているのは単純なこと」という説教題で「私たちの世界はギブアンドテイクで成り立っている部分があります。与えたり与えられたり・・何か贈り物をいただいても『いつかお返ししなきゃ』と思うものです。これはモノだけでなく気持ちでもそうですが、人間同士のやり取りに限定するべきで、神様との関係に持ち込んではいけません。神様は願い出るだけで、イエスキリストを受け入れるだけで私たちを愛して下さいます。」とお話がありました。
2018/02/05
ほけんだより2月号
 ほけんだより2月号が発行されました。内容は2月の保健行事、災害給付金の申請について、腸を整えて免疫力アップ! 良い姿勢で素敵な大人に、保健室前の掲示板についてです。良い姿勢で素敵な大人にの記事では、鉛筆の持ち方や鞄の持ち方など、日常の些細な行動に意識を置くことが大切と記されています。あなたはどうですか?
2018/02/01
マタイによる福音書 8:5〜13
 今日は中学の合同礼拝です。井上理事長先生から「情緒と創造」という説教題で「私の暮らす橋本市を調べると、著名な人に1936年ベルリンオリンピック200m平泳ぎで、金メダルに輝いた前畑選手や、数学者の岡潔先生がいます。岡先生は『最近の人間は頭頂葉を使わずに、前頭葉ばかり使っています。自然科学的なものの考えの元は前頭葉にあります。』と言われました。頭が柔らかい若いうちに自然や芸術、本などに触れて前頭葉を鍛え、創造的な生き方をしてください。皆さんは神様に愛されています。そのことを心の真ん中に置き、聖書や本を愛する中学生活を送ってください。」とお話がありました。
2018/01/30
ルカによる福音書 10:36〜37
 今日は中学の合同礼拝です。高校の聖書科の岡本先生から「隣人になろう」という説教題で、しらかしの径での生徒との挨拶のエピソードを踏まえ「キリスト教で言う隣人というのは愛すべき人や仲間という意味ですが、隣人だから挨拶するのではなく、挨拶を交わすことで愛が生まれ、隣人になれるのです。挨拶することは自分の前に自分で作った垣根を一歩超えることになります。」とお話がありました。
2018/01/30
1月号発行
 教学園広報誌「清教」が発行されました。井上理事長の新年のメッセージ、入試部だより、グローバル教育、留学体験記、クリスマス礼拝、国際交流、生徒の活躍など内容は盛りだくさん。保存して在学中の思い出としましょう。
2018/01/29
今後の活躍に期待!!
 男子バレーボール部マネージャーの高校2年生石田真子さんが、全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会西部地区決勝リーグ戦で、堂々の線審デビューを果たしました。ナイスジャッジを連発し、円滑な運営に大いに貢献しました。今後の活躍が期待されます。
2018/01/27
①聞こえない人とのかけはしになる ②ガンダムがつくりたくって・・・
 PTA発行のNavi(ナビ)が配布されました。生徒たちが様々な職業と出会えることを願い、保護者や卒業生、その他大勢の方々が自分の職業について、判りやすく記してくれています。今回は「聞こえない人とのかけはしになる」「ガンダムがつくりたくって・・・」と題し、手話通訳とインバータの研究開発で活躍されるお二人の方のお話です。ナビは年10回発行予定で、過去記事はPTAのサイトより、PDFでご覧になれます。
2018/01/25
「若いうちの経験こそ大切」
 中学3年生のLHRでは、本校の卒業生でもあり現在大阪府立大学に在学する菊岡達希氏と、府立大学博士課程に席を置く長野将吾氏を講師に招き、自身が中学3年生だったころから大学までの道のり、また大学で修めた学問をさらに発展させんが為に、現在も研究に没頭する日々について講演会を開きました。両氏とも海外経験が豊富で、12月に行われた第6回アジア情報システムシンポジウム(ACIS 2017)のレポートは、オーストラリアグローバル研修を終えた生徒たちにとって大変興味深いものだったようです。最後に「興味、好奇心こそが行動、経験の原動力に」と清教生にエールをいただきました。
2018/01/25
マタイによる福音書 17:18〜20
 今日は中学の合同礼拝です。音楽科教諭指導の下讃美歌532番「やすかれ、わがこころよ」と、讃美歌575番「球根の中には」を練習しました。この二曲は1997年に新しく出版された讃美歌21に掲載されている歌です。
2018/01/23
コリントの信徒への手紙Ⅱ 9:6〜7
 今日は中学の合同礼拝です。川俣先生から「幸せって何ですか?」という説教題で、「友人に唐突に『幸せって何?』と尋ねられて即答できませんでした。じっくり考えた後、その友人には『大切な人やモノができたことが幸せの“元”になる』と返信しました。人間は自分の為に何かをして生きるよりも、他人の役に立ち他人の為に活きる方がエネルギーが湧き、生きる目的が見え、この世に生まれてよかったと思えるのではないでしょうか。」とお話がありました。
2018/01/22
ほけんだより1月号
 ほけんだより1月号が発行されました。内容は1月の保健行事、ノロウイルスに注意! カフェインで中毒症状!? 保健室前の掲示板についてです。ノロウイルスによる感染性胃腸炎は空気の乾燥する冬に流行しやすいそうですよ。たよりを読んで気を付けましょう。
2018/01/18
一昔前は赤ペンでしたが・・・
 中学3年生はLHRの時間にラーニングコモンズと総合学習室に分かれ、ノートブックPCなどの端末を使って『まなBOX』にアップロードされた卒業文集の推敲を行いました。学習環境のIT化はまだまだ始まったばかりですが、教科指導のみならず特活行事や課外活動、今日の様に卒業文集の制作など、多岐に渡り工夫を凝らして取り組んでいます。
※『まなBOX』eポートフォリオシステムの名称
2018/01/18
エレミア書 29:11
 今日は中学の合同礼拝です。森野校長先生から「冬のあとは春だよ」という説教題で「しらかしの径を登り切ったところの掲示板に、ネルソン マンデラ氏の名言『The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall.』と掲示してあります。今現在、困難や試練の中にある人も、この後に必ず祝福があります。神様は私たち一人ひとりの平安と希望の計画を持っておられます。」とお話がありました。
※訳:生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。
2018/01/16
試験直前のラストスパート
 今日は中学の宿題試験が行われました。問題は冬休みの宿題から出題され、試験結果は三学期の評価に反映されます。冬休みに計画的かつ自主的に学習したかが問われる大切な試験です。
2018/01/13
今日一日、ご苦労様です
 入試は大勢の中学3年生がボランティアで手伝っています。受験生の誘導や不慣れな校舎内での道案内、会場整備や試験後の清掃に力を発揮します。ある生徒は「私が小学校6年生の時に見た先輩がとても素敵に思えて立候補しました」と。学園の良き伝統が受け継がれている一駒を見ることができました。
2018/01/13
寒さを吹き飛ばす受験生の熱気!!
 今日は清教学園中学校の前期入学試験です。早朝から正面玄関前は受験生、保護者、応援に訪れた人々で賑わい、普段とは違う熱気に満ち溢れていました。 受験会場では時間ギリギリまで参考書やノートに目を配る児童が数多く見られ、チャペルは付添いの保護者で溢れました。
2018/01/11
イザヤ書 43:19
 今日は中学の合同礼拝です。土井先生から「見よ、新しいことを私は行う」という説教題で、先月行われた68期生のクリスマス降誕劇に触れ「鑑賞された八尾東教会の有澤牧師がご自身のフェイスブックに『素晴らしい降誕劇だった』と綴ったところ全国から『私も見たい』との連絡が寄せられたそうです。私たちの知らないところで人々を感動させ喜びを与えていることはすらしいことです。」とお話があり、各学年に向けて残り少ない今年度を有意義に過ごすためのメッセージが送られました。
2018/01/09
清教中学生の活躍
 式に続いて表彰が行われました。大会やコンクールで優秀な成績を上げた合唱部、吹奏楽部が表彰されました。
2018/01/09
三学期が始まりました
 三学期始業式が行われました。中学の式では副校長先生から「お正月は一年の中でもっとも大きな節目の一つです。大晦日から一夜明けただけで街の雰囲気もガラリとかわります。そんな節目に今年の目標を立てた人も多いと思いますが、『○○でありますように』のように受け身ではなく『○○したい』と定め、自ら行動を起こすことが大切です。短期、中期、長期の三つの目標を立ててください。」と式辞がありました。
2017/12/22
PTA新聞 フォトニュース版
 PTA新聞ミックスニュースが発行されました。二学期の様々な取り組みが豊富な写真と共に、紹介されています。また、PTAホームページへのアクセス方法も案内されています。学園ホームページのトップページ右上、PTAのバナーをクリックしてください。
2017/12/22
清教中学生の活躍
 式に続き表彰が行われました。税についての作文、税に関する書道展で入賞した生徒、大会やコンクールで優秀な成績を上げた女子バレーボール部、個人の活動ではありますが、バトントワリング全国大会U−15バトン編成の部で第一位に輝いた生徒が表彰されました。
2017/12/22
二学期終業式
 中学校の式では副校長先生から「充実した中身のぎっしり詰まった二学期が終わりました。一年生は部活動や初めての文化祭、校外学習で清教の伝統に触れたことでしょう。二年生は60年続く降誕劇を見事成功させ、学園の伝統を受け継ぎました。三年生はさすが各所でリーダーシップを発揮し、合唱コンクールではすばらしい演奏を披露。オーストラリアグローバル研修を成功させました。年の瀬の一週間は節目の時です。良かったことも悪かったことも二学期を振り返り、2018年につなげてください。」と式辞がありました。
2017/12/13
一緒にクリスマスを祝いましょう 2
 第二部では「未来を照らせ68期 〜希望の道を開くとき〜」をスローガンに掲げ、練習に励んできた中2生による英語降誕劇が演じられました。降誕劇は中学9期生から続く学園の伝統行事の一つで、明日は保護者や一般の方々を前に上演します。ガンバレ68期生!!
2017/12/13
一緒にクリスマスを祝いましょう 1
 中学クリスマス賛美礼拝第一部では、日本基督教団八尾東教会の有澤牧師を説教者に招き「えーっ、私たちのために救い主が」と題し「今から二千年前、街の人から嫌われ、貧しい野宿生活を強いられた羊飼いの下に神の使いが現れました。そして『神様は私たちを見捨ててはいなかった、愛してくださっている』とわかり、大きな喜びをもって神を讃えたことがクリスマスの起源です」とお話がありました。 礼拝の後、特別賛美として、特別聖歌隊の指導も勤めるソプラノソリストの田中希美さんが『Alleluya』を独唱、合唱部のメンバーと一緒に『Ave Maria』を賛美しました。
2017/12/13
11月12月 合併号発行
 清教学園広報誌「清教」が発行されました。校長先生のクリスマスメッセージ、中学3年生のオーストラリアグローバル研修、高校進路部からは京都大学・滋賀大学合同出張講義や卒業生進路講演会。後期宗教週間、校外学習、生徒の活躍など内容は盛りだくさん。保存して在学中の思い出としましょう。
2017/12/11
ほけんだより12月号
 ほけんだより12月号が発行されました。内容はインフルエンザに注意! 寒さやストレスによるお腹の不調、保健室前の掲示板についてです。保健室前の掲示板は生徒たちに身近な事柄や役立つ情報を、養護教諭が手作りで紹介しています。保健室に入らなくても見ることはできるので、普段保健室を利用しない人も一見の値打ちアリですよ。
2017/12/08
サンタがサーフボードに乗ってやってくる!?
 グローバル研修で訪れたオーストラリはこれから盛夏を迎えようとしています。中学3年生はLHRの時間を使って、お世話になったホストファミリーにクリスマスカードを書きました。メッセージが英文なのはもちろん、オーストラリアの郵便番号を調べたり、宛名の書き方など先生が作ったプリントを見ながらの作業となりました。中には個性がキラリと光る手作りカードもあり、きっと喜ばれることでしょう