SEIKYO TODAY
3ヶ月以上前の記事は … 月別バックナンバー
2018/06/08
プレミアムな金曜日
 2018年度、清教学園は東京大学教養学部「高校生と大学生のための金曜特別講座」のインターネット配信校になりました。東京大学の教員が<学問・研究のおもしろさや重要性を分かりやすく解説してくれる>と同時に、<自分自身の進路選択の経験談を織り交ぜながら、受講生の進路検討にヒントを与えてくれる>という、ホットなひとときを楽しむことができます。今日は「光合成とバイオテクノロジー」というテーマで統合自然科学科の池内昌彦教授が登壇されました。光合成を利用した物質生産に関する最新研究の動向と、それに伴い生じているトレードオフの現状を知ることができました。参加した生徒たちは、同じ時間を共有した全国の高校生たちが発する質問からも刺激を受けつつ、最終下校時間ギリギリまでプレミアムな放課後を過ごしました。1学期中は、次回以降、「運動の上手な人はどこが違う?」(6月22日)・「微積分でよみとく脳・生命・社会」(7月13日)・「言語の計量的分析」(7月20日)というテーマで、計3回の開講が予定されています。「求めなさい」・「探しなさい」・「門をたたきなさい」—— 意欲溢れる君たちのためにプレミアムシートを用意します!!
2018/06/08
笑顔はじける体育大会!
 雨天延期となっていた中学体育大会が行われました。午後からの降雨予報に備え、プログラムの順序を入れ替えテンポよく進めた結果、午前中にトラックを使う全ての競技を終えることができました。午後からの部活動対抗リレーの最中に雨が降り始め、第一体育館に移動し会場は大声援に包まれました。応援部門はD組が、競技部門はA組が優勝しました。
2018/06/02
ほけんだより6月号
 ほけんだより6月号が発行されました。内容は6月の保健行事、6月4日〜6月10日は「歯と口の健康週間」「つめ」をチェックしよう! 雨の日の過ごし方に注意! 今月の掲示板についてです。じょうずな歯みがき7つのコツはイラスト入でとてもわかりやすい記事になっています。歯は一生使うもの、今から大切にしましょう。
2018/05/30
Willpower
 高校では希望者制の特別補講「Global English補講」が始まりました。ReadingとDiscussion/Debateとの2つのコースが開講され、毎回80分間、英語を母語とする外国人教師から「英語で英語を学ぶ」というチャレンジの機会となります。今年は100名を超える生徒たちからの積極的なエントリーがあり、名門のベルリッツからも講師をお招きして、年間18回にわたり熱いレッスンが繰り広げられます。将来へのステップに向けて大切なことは何かということを見つめ、自分自身を高めるために放課後の時間をいっそう有効に活用していく —— 新しい課外活動のスタイルが清教学園の生徒たちの中に生き生きと芽吹いてきています。
2018/05/01
その気遣いが大切
 中学1年生ではコミュニケーション能力の向上を目指して、Social Skills Traingが行われました。クラスの枠を外して学年全体で一体感を生み出すための言葉や体を使ったプログラムで、常に相手の様子に気を配り、お互いに気を使いながらの作業を通じて気づいた事柄を書き留めたり発表することで、より理解を深め発展させました。
2018/04/21
さあ、作るわよ
 中学家庭科部では、新入生のためのクッキーづくり体験会が開かれました。先輩たちは材料や調理器具の準備を手慣れた様子でテキパキと進め、訪れる新入生たちを満面の笑顔で歓迎していました。「これって、どうすれば...」と戸惑う新入生に対して丁寧にアドバイスする姿からは、1年間あるいは2年間の活動経験を通じた成長を見ると同時に、10年後には仕事でも家庭でも「100%の自分を生きる」という素敵な人生を切り拓く女性になっているのだろうなと期待を持たせてくれました。みんなでこねたクッキー生地をオーブンに入れるころには、先輩も新入生も和気あいあいと言葉を交わし合い、今日の空模様のような爽やかな歓迎会となりました。
2018/04/19
総合優勝は・・・・?
 初夏を思わせる快晴の下、中学校では恒例の新入生歓迎行事が行われました。クラスごとに色の揃ったクラスTシャツ、通称クラTを身にまとい、ドッジボールと綱引きがが縦割りチームで行われ、同率でAクラスとBクラスが優勝しました。このTシャツは体育大会、磯観察(2年)や宿泊行事などに使用します。大切にしましょう。
2018/04/18
来たれ、新入部員!!
 高校では、放課後の時間を利用し、生徒会主催のもと、運動部による新入生向けの部活動紹介が行われました。真剣な練習の再現、華麗な演武の披露、またコミカルな演技付きでの護身術の実演といった感じで、各部ともさまざまに趣向を凝らし、新入生への歓迎ムードたっぷりの楽しい内容でした。先輩たちからの温かいエールを受け、笑顔と歓声でそれに応えた新入生たちは、「これから3年間の高校生活を充実したものにしていこう」と、気持ちをいっそう高ぶらせていました。各部活動とも、みなさんの入部を心待ちにしています。
2018/04/13
校外オリエンテーション その2
 晴天の下ウォークラリーが始まりました。各チェックポイントでは先生が様々なゲームなどを準備して待ち構えています。上手に得点を稼いだ班、同じ道を何度も行き来して時間を無駄にした班など様々でしたが、親睦と協力という目的は十分に達成できました。夕食後は野外活動指導員の宮崎さんを招き、歌やゲーム、ズンバーダダンスで大いに盛り上がり、フィナーレのキャンドルファイアではきれいな光の輪が体育館に輝きました。
2018/04/13
校外オリエンテーション その1
 中学校1年生の校外オリエンテーションが始まりました。まずは清教学園誕生の地である河内長野教会での入学記念礼拝です。森田恭一郎牧師から「見守りの中に」という題でメッセージをいただきました。そして、創立者のお一人である中山昇先生からも激励のお言葉をいただきました。
2018/04/13
厳粛な雰囲気の中で
 3年コースの高校1年生は午後から河内長野教会で入学記念礼拝式に出席しました。教会は初めてという生徒が多いですが、清教生としての自覚を新たにする機会となりました。
2018/04/11
学年親睦 スポーツ大会
 高校1年生はスポーツ大会を実施しました。6年コースの生徒が実行委員を務め、大会を盛り上げました。種目はドッジボールと綱引きで、クラスがひとつになり、学年の絆も深まりました。
2018/04/11
「あれも、これも、全部見に行こう!」
 6・7限はチャペルで中学の部活動紹介が行われました。VTRやダンスに演奏、デモンストレーションなど、趣向を凝らしたアピールが続き、時間があっという間に過ぎました。どの部活も見学大歓迎です。新入生は仮入部期間を利用し、自分に合った部活を選びましょう。
2018/04/11
ほけんだより4月号
 ほけんだより4月号が発行されました。内容は4月の保健行事、健康診断について、保健室の利用について、みなさんに知っておいてほしいこと。体調がすぐれない時や怪我をした時、不安になったり相談したいことが有る時は、遠慮なく保健室を訪れましょう。
2018/04/10
「カルガモ隊長! ここはどこですか?」
 中1生は校内オリエンテーションの一つに恒例の校内見学、通称「カルガモ隊」があります。これは中3生がリーダーとなって、図書館や各教科で使用する教室、体育館のみならず校長室や学校法人本部(理事長室)まで校内施設を見学・紹介するものです。元気で初々しい中1生相手に、中3生が活躍がする姿が校内のあちらこちらで見受けられました。入学して2年、中3生もたくましく成長しました。
2018/04/10
学園創立の歴史・・・
 中学1年生はチャペルでガイダンスを受けました。聖書科から礼拝の持ち方について説明があり、讃美歌の練習をしました。校長先生から学園創立の話を聞き、教務、進路、生活部などから学園生活に必要な事柄の説明がありました。
2018/04/09
清教中学生の活躍
 最後に表彰が行われました。大会で優秀な成績をあげた野球部、合唱部、書道部が表彰されました。また、実用英語技能検定(英検)で学校として優秀な成績をあげたことが評価され、日本英語検定協会から優秀団体賞が送られました。
2018/04/09
「何の苗かは大きくなるまでヒミツ クラスで大切に育ててください」
 司会が生徒会役員の手に渡り、対面式が行われました。在校生代表として生徒会会長が「分からないことがあれば、何でも僕達に聞いてください」と、新入生代表からは「憧れの学園に入学できて大変うれしいです。勉強に、部活動に精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」と挨拶がありました。 その後、先輩から新入生のクラスに記念の鉢植えのプレゼントがありました。
2018/04/09
一学期始業式
 先輩たちの拍手の中、緊張した面持ちで新入生が入場し、一学期の始業式が行われました。菊岡副校長先生から「今年の学園標語『私たちは世の光です』を実現するためには、まさに主体的に考え行動することが大切です」と式辞がありました。
2018/04/04
「私たちは世の光です」
 新年度が始まりました。今日は非常勤講師、職員も含み総勢200名弱となり、レクチャールームには臨時席も設けられ人が通るのもやっとの状態です。開会礼拝に続き理事長の所信表明、今年の学園標語「私たちは世の光です」(マタイによる福音書25:14〜16)の解説、校長の所信表明と続きました。また、新任教員の紹介もされ、学園で教鞭をとられることに心躍らせる様子が感じ取れました。